Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

【2015/120】横浜DeNA2対3広島「if...」

さて、
勝てる試合でした。
正直、勝てた試合でした。

"勝ってください"と、カープに差し出したような試合…
そんなことを書いては、重すぎるでしょうか。
康晃、力投するも…
2イニングまたぎの康晃。
その2イニング目に、我らのちいさな大魔神が、
まさかの決勝点を許すこととなる…

いろんなことが、重なってしまった、惜しい試合でした。

昨日の試合は、
なんと言っても"ミス"が思い起こされます。

やはり5回表、
あの柳田の落球はあまりにも大きかったです。
あの瞬間だけ、時がゆっくり過ぎて行ったような感覚がしました。
正直、柳田の動きはおぼつかなく、
バルさんと顔を見合わせているようにも見えました。
しっかり捕ってね、バルさんでも、柳田でも!
と、思ったその矢先―

その時のあの瞬間は、
ゆったりと、
コマ送りのように思い出すことさえ出来ます。
あの、落球の瞬間…

カープファンの上限知らずに真っ赤に爆発するような歓喜と、
ベイスターズファンの深く青暗い海の底に沈んでいくよな落胆…
青と赤で、ただでさえコントラスト鮮やかなハマスタは、
くっきりと雰囲気が分かれておりました。

こういう時の"当事者"って、本当、どんな気持ちになるんでしょう。
もちろん、相当辛いものだったとは思いますが、
自分たちには想像もつかないような、
重い、重い辛さ、なんだろうな、と思います。

だから、自分はもちろん「何やってるんだ!」と思いはやはりあれど、
バットで取り返してくれ!という気持ちに。
そして、
意地を見ました、柳田の。
柳田は、その借りを返すかのごとく、
あわやホームランか、という当たりを左中間に飛ばしてくれました!
まさに柳田の意地を見た瞬間、でしたね。
実はここが、分かれ目だったかもしれない
ベンチはここで、
柳田から白崎にランナーを交代させます。

でも正直、あとから振り返ると、
この早期の交代が勝負の分かれ目だったかもしれない、
そんなことを考えてしまうのです。
もちろん、タラレバにすぎませんが―
※白崎ではダメということではなく、
柳田の意地を見たかった、という意味で。

そして、この後の梶谷がライト前にヒットを放ってくれるのですが、
野間のヒットの処理が速く、
さらにホームへダイレクトに届く好返球もあり、
白崎は三本間の中間地点でアウトを確信することに。
このランナー、大事に大事にしてほしかったなあ、と思いますね…

そして回は進んで延長10回表。
まさかの、イニングまたぎ。
9回から康晃がイニングまたぎでの登板。
ここも、議論が分かれるところだと思います。
自分個人としては、納得できる登板、そう思いました。
丸から始まる好打順、ということもあったのでしょう。

しかし。
昨日は砂田にやたらタイミングが合っていた丸のゴロを、
山下幸輝が追いつくも、一塁への送球はかなり大きくそれてしまい。
記録はヒットであり、幸輝のミスとは言い難いところもありますが、
もしあの送球がもしうまくはまっていたら…
でも丸の速さだったらやっぱり間に合わなかったか…
そんなことを考えてしまいます。

そして、決勝のエルドレッドのヒットも、
一塁後方にいやらしく飛んだ感じのテキサスヒットに。
これは痛く、悔しい決勝打になってしまいました…

柳田が取っていれば、
白崎を3塁で馬場コーチが止めていれば、
康晃がイニングまたぎになっていなければ、
幸輝の送球が一塁に届いて間に合っていれば…

"タラレバ"がいくつでもいくつでも、出てきてしまう試合。
なんとも悔しい敗戦になってしまいました。

何よりも、
砂田は、がんばりました!
砂田の好投に報いてほしかった、ですね…
7回を1失点。
上々のピッチングは、
もうすっかり一軍のローテに欠かせない存在に、ですよね。

勝ち星、砂田に付けてあげたかったですね、
5回のあのミスも、あれがなければ、
砂田は勝ち投手の権利を得ていたわけですから…
残念です。報われてほしかった!
黒田、無念の降板
対して、カープ先発の黒田は、
5回表途中での降板となってしまいました。
バルさんの打球が当たった影響での降板のようで…
デイリースポーツon line
大事に至らないことを、願っています…

そんなわけで、悔しい敗戦となってしまいましたが、
今日こそは!
どっかーん、いってください!
ドッカーン!と、ハマスタが盛り上がるような試合を。
そして、ベイスターズが勝利をつかみとれるように!

犯したミスのイメージは振りほどき、
今日は勝ちましょう!
悔しさはそのままパワーにして、
立ち向かっていきましょう!
やけ酒じゃ、ないよ。
ちょっとだけ、試合後、
ベイビアフェスティバルも堪能。
やけ酒じゃないですよ!(^^;)
次の試合への、エネルギーを、たくわえます!
なにより、やっぱり、スタジアム、
楽しまないと、ですもんね。
イカ焼き、なかなか美味しかったです。

もっともっと上を目指して、あきらめずに!
まだまだ昇っていきましょう!
今日は勝ちましょう、ベイスターズ!
がんばれ、ギジェルモ・モスコーソ!
がんばりましょうね!
戦え、横浜DeNAベイスターズ!

P.S.
例のヤスアキジャンプの件に関連して。
カープのスタンドは10回裏2死、
白崎が打席に入る前に「中崎」コールはありましたけど、
プレーが始まる時にはコール、止んでいましたね。
もっとも、白崎が初球で終了してしまったのですが…

※追記※
今日のハマスタ、17時からです!
皆様、お気をつけくださいね。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

観戦試合(ベイスターズ一軍) | コメント:1 | トラックバック:1 |
<<【2015/121】横浜DeNA8対4広島「Guts!」 | ホーム | 【2015/119】横浜DeNA6対3広島「Eyes Bright」>>

コメント

今シーズンの結果が、ほぼ見えてきてしまいましたが。
残り30試合を切るまで来年の話が出ないのは、けっこうな進歩じゃないかと。

TBS時代、AS前には定位置が確定、最下位争いも出来ないままシーズン終了。
なんてことが当たり前になってた時期もありました。

ここ数年は、ようやく順位争いができるようになったかな?と思います。
山﨑・三上・砂田・石田・タナケン・平田・・・
倉本・乙坂・宮崎・関根・山下・桑原・飛雄馬・・・
一気に若い選手が出てきましたね。
中堅・ベテランの層が薄いから。とも言えますが、期待させてくれる選手が育ってきたと思います。

今、シーズン通して試合に出るということを、多くの若い選手が初体験しています。
筒香だって、1年間4番で出続けるのは初めての経験ですしね。

今の経験でペースをつかんで。
来シーズンはペナントレース中ではなくキャンプでしっかりと競争して。
開幕前にレギュラーを決めて、新生ベイスターズとしてスタートしてもらいたいです。


なんだか今年の総括みたいになっちゃいましたが。
まだ終わってません。
かなり厳しいですが、諦めず1つでも上を目指して行きましょう。
2015-08-30 Sun 09:53 | URL | ニートたけし [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

小田急ロマンスカーの停車駅に海老名駅・伊勢原駅を追加 - 3月ダイヤ改正で http://t.co/hiBJZdmaJt&amp;mdash; 【公式】マイナビニュース 新着記事 (@mn_all) 2015, 8月 28 このニュースが出たのは金曜日のことでしたが、 『ロマンス』本日いよいよ公開!&amp;#10;みなさ…
| ホーム |