Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

【2015/040】横浜DeNA6対5広島「特捜戦隊デカレンジャー」

…さて、
今回はタイトルが唐突過ぎてすみません(^^;)
なにしろ昨日こんな嬉しいニュースがあったものだったりして、
またRCCラジオでの中継では、
デカレッド・赤座伴番役のさいねい龍二さん(現在、広島在住)が出られるCMが流れてたりしまして(^^;)

でもまあ、それにしても!
デカ=10!
ベイスターズ、貯金10に、到達しました!

昨日も追いつ追われつ、というか、
初回から3点を奪われるあまりにも苦しいゲーム。
正直、初回とはいえ3点って、重いよなあという想いでした。

しかし、
今のベイスターズは、
このぐらいで折れたりしないんですよね、
チーム全体が!

4回にバルさんの犠牲フライでまずは1点、
そして5回の畳み掛けるような集中攻撃!
そう、これまではこういう攻撃が、
なかなかできなかった(そして他球団を羨ましがっていた)のですが、
5回表の攻撃はものの見事!

特に、今シーズン初めてのスタメン出場となったゾノ様の、
セーフティースクイズはまさに見事の一言!
本人の「涙が出そうだった」というコメントは、
こちらも本当にじんわりと嬉しいです!

そして、6回裏に、
再び逆転を喰らってしまう、
それも山口俊の悪送球が原因、という、
ムードが悪くなってしまってもおかしくないような、大ピンチ。
それでも!
俊がその後はなんとか粘って、1点差までに終わらせてくれました、
これがのちの回にも、大きかったように思います。
ここでさらに突き放されていたら、そう思うと…

そして、果たして。
運命の8回表。
バルさんの、まさしく値千金!
逆転ツーランホームラン!
自分はその時電車に乗っていたわけですが、
思わずその中で小さく拳を。
本当に、よくぞ、ここで、バルさん!という…
価値ありすぎる、一撃になりましたよね!

最後は、康晃…
じゃなかった!
この昨日は、田中健二朗が、最後を締めてくれました。
そう、康晃は今回は休ませてもらえたようで、
若干のピンチこそ招いたものの、
最後は新井さんをゲッツーに仕留めることが出来ました!

タナケンは、そういえばそうだ!の、
プロ入り初セーブ!
これもまた、彼の自信のひとつになってくれたのではと思います。
「山崎はすごいなと思った」という感想も、また新鮮というか、素直というか。
ライバルでもあろうチームメイトを尊敬できるその心持ち。
チームはやっぱり、いいムードです、よね!

そして、そう、
本当に康晃を休ませることが出来、
そして勝利できたのは、大きいですよね!
これからやっぱり、
選手たちの疲労・疲弊が気になっていくでしょうし、
チームに影響も出てくるでしょう。
まだ100試合以上、残っているんですから。
適度に選手達にリフレッシュしてもらいながら、
戦い抜いていきたいですね。

ナインのパワー合わせ向かうところ敵なし!
と思いたいところですが、
やっぱりカープは強敵この上ありません。
ましてや、今日は、5月16日は、いよいよ、この日、です。

東京⇒横浜⇒名古屋⇒大阪⇒神戸、そして広島。
各地のカープファンが、1つの新幹線に、レッドライディング
広島の地へとたどりつく日です。
カープ公式

いろんな想いはあると思いますが、
自分はこのレッドライディングに参加される人たちには、
マツダスタジアムをいっぱい楽しんでほしいです。
素直にそういう想いです。

参加される皆さんにとって、いい想い出になってくれることを、
心より祈っています。
そして勝負は勝負として、
試合はベイスターズが、勝てるように!
こちらもいっぱい、応援したいと思います。

かなり真っ赤になりそうなマツダスタジアム。
だけど負けずに、染まらずに、
青の痕跡、しっかり残しましょう!

自分も今日はマツダスタジアムに行ってきます。
自分も先乗りしています。
銀河の果てまで追いかけてゆく勝利を。
がんばれ、井納翔一!
戦え、横浜DeNAベイスターズ!

【追記】
今日の広島での各紙。
今朝の朝刊。
やっぱり、土地柄ですね(^^;)

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

未観戦試合感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【2015/041】横浜DeNA2対1広島「線路は続くよどこまでも」 | ホーム | 【2015/039】横浜DeNA4対3中日「SHOW ME YOUR SPACE~君の宇宙を見せて~」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |