Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

独自選定:2014ベイスターズ・想い出の試合ベスト10

さて、
今年もあと1日と数時間とちょっとになってしまったんですが…
やらなきゃいけないことが、全然終わっていない!
そんな危機的状況に実はあります(^^;)

そんな中ではありますが、
毎年恒例の「想い出の試合」ベスト10、
一気に、今年も発表させていただきます!
青空に、舞い上がれ!
ベイスターズ2014年、144試合+ファームの試合の中で、
このブログ的な要素を選定基準に加えて、
より強く想い出に残ったベイスターズのゲームを、
ベストテン形式で再紹介していく、そんな企画です。

【選定基準】
●選定は、自分が現地観戦した試合からのみに限る。
 (試合途中からでも)

1試合ではなく、連戦全体としてとらえるのもあり
⇒今年は1試合単位での選定に致しました。

●練習試合・オープン戦は対象外

●ファームの試合は対象内
 
●試合内容のみならず、
 試合前・中・後の出来事やイベントまで加味して選定。
 なので、必ずしも勝ち試合が選ばれるとは限らない。

●ランキングはあくまで個人の印象なので、
 試合やイベント内容の優劣ではありません。

こんな感じで、本当に個人の気持ちで選んだ試合です。
世間一般が選ぶベストテンとはかなり風味が異なるとは思いますが、
もしよろしければ是非、年末の最中にさらっと読んでやってください!


第10位/
9月23日(火)横浜DeNA2x対1阪神(横浜スタジアム)

イイネ~!
8回を1失点と好投の久保康友に勝ちをつけてあげられない…
そんな沈鬱な展開の中、
9回裏に飛び出した、ブランコの特大、サヨナラ2ランホームラン!
その1週前にも彼のサヨナラアーチが飛び出していたわけですが、
まさにその夢の場面が、今一度!というような試合でした。
ブランコの「イイネ~」の響きが、忘れられないですね!

第9位/
5月14日(水)横浜DeNA10対北海道日本ハム(横須賀スタジアム)

試合経過
復活へ!番長。
ファームの試合としては唯一のベスト10ランクインになります。
シーズン序盤から不調であった番長、
そしてリリーフで失敗を繰り返し再調整中の山口俊。
その2人による、完封リレー!
ファームとはいえ、この2人の活躍にプラスして、
柳田殖生も2本のホームランを放つなど、
後々のベイスターズ一軍にも大きな影響を与えた一戦、と、
もしかしたら言えるかもしれない試合でした!

第8位/
9月6日(土)横浜DeNA0対1広島(横浜スタジアム)

いっぱいの、I☆YOKOHAMA!
ジーモが8回1失点と好投ながら、
大瀬良投手の前に1点も取れずに終わってしまったこの試合。
ランクインの理由はもちろん!?、diana OGデー!
第1期から第9期、9年間のステージを彩ったメンバーが大集合!
試合前から大変な盛り上がりを見せておりました。
来年「サポーティングガールズユニット」に"新生"となるdiana。
まだその全貌は見えませんが、
9年間の彼女達の歴史を受け継ぐ、月の女神たちであってほしい―
その願いが途絶えることは、自分の中では決して、ありません!

第7位/
6月21日(土)横浜DeNA8x対7埼玉西武(横浜スタジアム)

歓喜のグラウンド!
その試合当時に放送されていたドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」になぞらえて、
何度も何度も語られ続けたこの試合。
決して、振り返ってみると、楽しいことばかりではない試合でしたが、
最後の嶺井の値千金、サヨナラ三塁打が、すべてを吹き飛ばしてくれました。
あの時の、スタンドでの、嵐のようなハイタッチ!
その直前まで、まさに絶望の淵に立っていたような状態でしたから…
「最後まで、あきらめない!」中畑ベイスターズの象徴のような試合。
今シーズン、忘れることは決してできない試合です。

第6位/
横浜DeNA5対1福岡ソフトバンク(福岡 ヤフオク!ドーム)

でも、嬉しい勝利!
福岡遠征2日目、
山口俊が見事な九州への凱旋劇を見せてくれた試合でした!
降板する時の俊の納得いかないしぐさがすごく印象に残ります(^^)
それにしても先発に転向して3試合目だったわけですが、
この頃からの俊への期待感の高まり、周囲の手のひら返しといったら!
痛快なこと、この上ありませんでしたね。
さらにこの試合を含めて福岡にはdiana、そしてスターマンも登場!
特に交流戦唯一のセ・マスコット登場だったスターマンは、
博多の皆さんから、大変な歓迎っぷりでした!

第5位/
8月9日(土)横浜DeNA5対4東京ヤクルト(横浜スタジアム)

真っ青な、この夜に。
なんと言っても!
YOKOHAMA STAR NIGHT、3年目・8試合目にして、ついに初勝利!
その事実、結果を反芻するだけで嬉しくなっちゃう試合です。
試合終了時間が遅く、残念ながらエレクトリカル・スターナイトショーは観られずでしたが、
何よりも勝利の喜びが、この日は勝っていましたね。
それにしても第1戦は敗戦ながらもエレクトリカル・スターナイトショーが実現したり、
第3戦は大嵐過ぎ去って1時間20分遅れの試合開始…
記憶に残りまくりな、今年のYOKOHAMA STAR NIGHTでした!

第4位/
8月30日(土)横浜DeNA5x対4巨人(横浜スタジアム)

ヒーローは、そこにいる。
こちらは「勝祭」での劇的勝利、桑原のサヨナラタイムリー!
3点リードを徐々に追い上げられ逆転されるという暗いムード、
しかしスタンドの絶望を一気に希望に塗り替えてくれた、ユーリのホームランに、
ジャイアンツ打線を三者三振に斬ってとってくれた三上の凄み!
絶対に負けない!そんなスタンドの気持ちも一丸な中、
飛び出してくれた元気印・桑原のサヨナラ。
試合後のユーリの笑顔もとてもまぶしかった、そんな1勝でした!

第3位/
5月23日(金)横浜DeNA5対0北海道日本ハム(札幌ドーム)

闘う男。
祝!井納、プロ初完封!
そんな喜びに満ち溢れた、札幌でのナイスゲーム。
まさか前日の夜にジーモのためにジンギスカンのお店を探して、
一緒に0時ぐらいに食べに行っていたなんて(^^;)
そんな裏話も楽しいこのゲーム。
個人的にはスタンドでご一緒した、ファイターズファンのご家族との触れ合いだったり、
B・Bやポリーちゃんとのやりとりも楽しすぎて忘れられない試合でしたね。
ちなみに翌日はボロ負けだったんですが(泣)、
その時にB・Bと自分が一緒に撮られてた写真がファイターズの公式に載ってること、
今日の今日まで、全然気づかれませんでした(^^;)
B・B、また来年な!おぼえてろよー!(^^;)

第2位/
5月31日(土)横浜DeNA4対1千葉ロッテ(QVCマリンフィールド)

来シーズンも、こんな光景を!
この試合は、もう、なんと言っても!
乙坂のプロ初打席初本塁打、これに最終的には尽きる試合でした!
正直、この試合の展開をすべて忘れかねないほど、
強烈な印象でしたし、何よりその場に立ち合えたことが、嬉しくて何よりも…

あの「ダグアウトの向こう特別編」も相当な反響でしたけれども、
今なおあの興奮は、自分の胸に焼き付いています。
そしてもちろんこの試合は、スターマン・キララちゃん・dianaが遠征!
"湾岸対決"としても大変な盛り上がりでした。
試合前のステージ、試合後のゲーム対決"湾岸トワイライト"、
これらも本当に盛り上がって、まさにお祭りな1日でした!

第1位/
6月1日(日)横浜DeNA1対0千葉ロッテ(QVCマリンフィールド)

山口俊、新たなる誕生の年!
自分の中では、この試合が2014年のナンバーワン!
そう、QVCマリンの湾岸対決が、自分の中で1・2フィニッシュです!
山口俊、先発としての再起の最初の試合は、
まさにリ・スタート、新たなベイスターズの柱、誕生の瞬間。
その瞬間に立ち合えた喜び、ですね。それが本当に大きくて…
「ダグアウト」の予告に流れていた、

マリンの通路を俊がゆっくりゆっくり歩いてくるあの映像。
あれもこの試合の感動を増幅させてくれているような気がしてなりません。
今年の山口俊の、この試合以降の活躍は、
自分にもとても大きな勇気と希望を与えてくれましたね…
最高の想い出です。
そして試合終了後の、dianaとM☆Splashのダンスバトルも楽しく!
試合開始前から終了後まで、1日まるまる、
心行くまで楽しむことのできた、この試合がナンバー・ワンでした!

ということでお送りしてきました、
2014年のベイスターズ想い出の試合、ベスト10。
独自の観点からなので、他の方とは違うと思います。

例えば新潟での桑原のサヨナラが入っていないのは、
途中で球場を退出してその瞬間を観ていなかったり、
当日の自分はハードオフ新潟でとっても嫌な想いをしていたので…
ということもありましたし。⇒記事参照
そういう想い出を加味してのセレクト、ということなんですよね。

今年もあと残り1日となりましたけど、
今一度、2014年のことを思い返してみるのもまた、
面白いかもしれません。
というか、あと1日かあ…しみじみしますね。
来年も、いっぱい、勝ちましょう!
悔いなく過ごしましょう、
「心」でつながった、あと1日の、2014年を!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

観戦試合(ベイスターズ一軍) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ベイスターズ公式チアチームdianaに、感謝の想いを伝えます。/まえがき | ホーム | 行けるならば、是非!DeNAトラベルキャンプツアーへ。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |