Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

ありえない、けど、おもしろい、かも!? 「キャッチャー・金城」

今朝のスポーツ報知より。
今日のスポーツ報知
同様の話は、
スポニチにも、日刊にも書いてありました。

まさかの「キャッチャー・金城」!
ベイスターズファン的にはありえない、
というか何言ってんの?原監督。
自分もそう思いました。率直に。

思いました…
んですけれども。

この原監督の着眼点、
けっこういいなー、と、ちょっと思っちゃったんです。

思えば金ちゃんは元々ピッチャー。
それがプロに入ってから内野手になって、
それから外野手となり、
超スーパープレーの数々を見せつけてくれたわけです。

そんな金ちゃんが今年に入り、
ファーム落ちしたあたりから、ファーストの守備もやり始めた。
もちろん、試合に出られる機会をうかがってのことでしょう。
井手正太郎や松本啓二朗もファーストやってましたしね。

で。
さすがに「キャッチャー」というのは極端な話かとは自分も思っています。

ですけれど、この"ターザンボーイ"金ちゃんの、
元々持っていたユーティリティー性。
―野生の本能かもしれませんけれど―
そこに着眼点を置いた原監督、というのも、
正直言うと、すごいな、さすがだなあ…と、自分は思ってしまいました。
そこまで見てたんだ、という。

やっぱり外野で今まで超スーパープレー見せてきたんだから!
というのは、ベイでの活躍をずっと観てて、もちろん思ってるし、
外野でのプレーを観たいな、と思うんですが。

1人のファンがどう思うかより、
この原監督の言葉を聞いて、
金城龍彦自身がどう思うか、ですよね。

なりふりかまわず、しゃにむに、あがいて、
試合に出るため、なんでもやってみる!
そんな金城龍彦が、ジャイアンツで観られるのかもしれません。

そういえば、
木村拓也さんがカープからジャイアンツに移った時も、
あんな選手層の厚いチームに行ったって、出る場所ないのでは?
なんて思っていたら、思った以上にセカンド定着。
そして伝説の「セカンドの木村拓也が、キャッチャー」の、あの日。
キムタクはしっかりと、ジャイアンツに、その名を残してくれました。

ジャイアンツに転がっているチャンスを、
キムタクが逃さなかったから、
だから欠かせない選手になれた。それゆえの結果ですよね。

原監督の言葉に、金城龍彦がどう答えるのか。
これはひとつのチャンスといえます。
どうやら相手チームの選手にはなってしまう状況ですけど、
ひそかに、楽しみにしていたいと、自分は思っています。

そして、このジャイアンツで積み重なるであろう経験が、
いつか、金ちゃんがベイスターズに戻ってきてくれた時の糧になることを、
そんな未来が来ることを、自分は信じて疑いません。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハマスタは今~2014-15シーズン~(2) | ホーム | 不定期連載/勝手に振り返る、ベイスターズ球場エンタメの歴史(4)2007年―diana2年目、広がる可能性(後)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |