FC2ブログ

Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

ありがとう、ホッシー。また逢おうね!

さて、
「GET THE FLAG!」シリーズが終わりました。

最終的には2勝4敗。
まあ、まずまずの結果だったような感もあります。
6対16と大敗した試合もありましたが、
昨日も1対15…まあ、ちょっと暗黒テイストです(苦笑)

とはいえ、この反省をバネにしてくれれば。
ファンがあーだこーだ言わずとも、
本人たちが一番わかってるはず。
次に活かしてくれるなら、ぼくたちも、
暑い中で見届けた、悔しい試合結果も報われるというもの。
ベイスターズ、また、がんばってほしいですね!

で、この「GET THE FLAG!」を沸かせた、
話題の中心になり続けた彼。
帰ってきたホッシー。
ホッシー!
スターマンたちといっしょに6日間、本当にお疲れ様でした。
ありがとう!
ただただ、その気持ちばかりを伝えたいです、彼に。

※もし以下の記事で、ホッシーの登場場面などに、
事実誤認などがあれば、ご指摘いただけますと幸いです。


…と言っても。
この「GET THE FLAG!」シリーズの開始当初。
なんと最初の試合、
ホッシーはどこにも姿を現しませんでした(^^;)

確かに、もとより、
公式サイトで「ホッシーが出ます!」という告知はなく、
※あくまでも、匂わせるまでにとどまっていましたね。
非公式に、ホッシー限定復活!
という情報がツイッターで噂されていたのみでした。

その噂の中身は、
・ホームランを打ったら、ホッシー登場
・ベイスターズが勝利したら、ホッシー登場
というものでした。

その"条件"に照らし合わせてみれば、
なるほど、確かに第1戦。
ベイスターズ選手のホームランもなく、
またベイスターズもシャットアウトで勝てなかった、タイガースとの初戦、
ホッシーはどこにも姿を現していませんでした。

たぶん、その状況に、
少なからぬファンが、動揺していたのではないかと。
え?どこにも出てきてない?みたいな。

本当に、ホームランが出ないと、
ベイスターズが勝たないと、何もないの?
みたいな動揺がぞわぞわ走る中迎えた、第2戦、でしたが!
3回裏、その動揺は、うれしい驚きへと変わりました!

プーさんの、逆転ホームラン!
青く染まったベイスターズファンが喜びに沸く、その中で!
流れ星のように、ホッシーが、
3塁側の方にさっそうと登場していました!

あまりに突然のホッシーの登場に、
ハマスタもその時、色めき立っていたようです。
「え?今ホッシー、いなかった?」みたいな。

個人的にはこの第2戦のみ観戦はできず、
さらに残念ながらその日はそれ以上、
ホッシーが出てくることはなかったようでしたが、
とにもかくにも、彼がハマスタに帰ってきた!
その事実はしっかりと、ファンの間に伝わっていました。
※そのあたりをお写真などで押さえていた皆さんもスゴイ!

そして第3戦。
ここがひとつの"ブレイクポイント"になりました。

初回に先制したものの、逆転を食らい、
どんよりムードで蒼白状態のハマスタ。
しかしながら、ラッキーセブン!
まるで業を煮やしたかの如く、ついに!
ついに出番が!
ホッシーが、懐かしいオリジナルver.の「熱き星たちよ」にのって、
さっそうと登場したのです!
DJ YUIさんからも「ホッシーが来てくれました!」と、
ついに公式の"ネタばらし"アナウンス(^^)

ホームランが出たら…
ベイスターズが勝ったら…
そんな"しばり"をついに突き破ってくれたホッシー。
そしてさらに、その直後!
出番があるときにはあるものです!
7回裏、先頭の桑原が、彼らしさあふれるレフトへのホームラン!
いきなりの出番!
ホッシーもしっかり!
3塁側で桑原を出迎えてくれました!

このあたりになると、ようやく、
"ホームラン=ホッシー"
そんな「GET THE FLAG!」の図式がしっかりと、確立してきていました!

まあ、でも、しかしながら…
タイガースには、ついに3連敗。
このあたりで、ファンの間からも、
ホッシーに対する"やつあたり"が出てくるようになっていました。

"疫病神!"
"縁起悪いんだよ!"
"早く星に帰れよ!"


そんな言葉が垣間見えていたSNS。
ホッシーはまるで"暗黒時代の象徴"のように、
一部のファンから揶揄されてしまっていました。

さらにはなんと、あの「ベイスたん」でも、
「あのオジサン縁起わるーい」と言われてしまう始末(泣)

リアルタイムマンガだからこその悲劇ではありますが、
涙せずにはいられない、
切ない展開になってしまいました…

でも。
でも、でも!
どんなにベイスターズが負けていても、
いつも次への希望を与えてくれていたホッシー。
彼にこたえるかのように、
続くカープとの戦いで、
ベイスターズは、やってくれました!

ロペス(完全回復を祈念!)のホームランで、
ホッシーも試合前半に登場。
さらには劣勢の中、
神里の起死回生の同点3ランで、
またまたホッシー登場と、
「GET THE FLAG!」シリーズ初めての、マルチホームラン!
そして、
あの頃のように。
同点で迎えた、9回裏。
かつてホッシーゾが名付けた"ハッピーナイン"に、
ベイスターズに力を与えんと、
ホッシーがさっそう、登場してくれました!
駆け抜けるスタジアム。
スターマンやキララたちといっしょに、
あの頃のように踊ってくれたホッシー。
みんなでグラウンドを駆け抜けていきます。

ちなみに、「熱き星たちよ」がオリジナルverであったのと同時に、
dianaの振り付けも、その曲の当時のものが復刻されていたの、
皆さん、気づかれていましたか?
※これは厳密にいえば98年の復刻ではなく、
2006年から2011年に使われた振り付けだったのですが、懐かしいです!


そしてベイスターズは、この試合、
佐野の劇的な決勝打で、サヨナラ勝ち!
ラミちゃんとハイタッチ!
ホッシーがいた当時にはベイスターズにいなかった、
ラミレス監督とのハイタッチ!
オールスターとかではあったのかもしれませんが、
この2人の取り合わせも、実に新鮮でした!
いっしょにヒーローを待ちました。
ようやく「GET THE FLAG!」シリーズで、
勝利の喜びをともにできた2人。
元・飼い主と元・ペットです(^^)
※このあたりの設定はこちらをご参照ください。
まあ、今は設定、変わってるのかもしれませんが、
設定は得てして変わるものです…
本当はホッシーだって最初は「お父さん」でしたしね(^^;)


そして、第5戦。
さらなるドラマが、ホッシーには待っていました!
まだ少年の面影残った彼は。
この写真は、2011年9月23日。
ヒーローインタビューで、お立ち台に立った、
弱冠19歳と10か月の、筒香嘉智選手。
まだまだあどけない、少年の面影が残る彼の表情。

あれから約7年の時が経ち、
この試合で、値千金の逆転2ランを放ったキャプテン。
頼もしい男に成長していました。
ホッシーの隣にいた彼は、
すっかりと逞しい、大人の男へと成長を遂げていました!
だけどそれでも、屈託のない、その笑顔は、
あの頃にホッシーが間近で見てきた表情、そのものだったように思います!

前日のヒーロー、神里や佐野のように、
ホッシーたちがいた時代を知らない選手が大半です。
あの頃から残っている選手は、
加賀、須田、健二朗、国吉、雄洋、梶谷、荒波、
そして筒香…ぐらいでしょうか。
※浩康さんやゴメス、大和などは当時他球団。
戸柱はいませんから(苦笑)


お立ち台に立つその背中を、
ホッシーが見てきた、数少ない選手のひとり、筒香。
いっしょに過ごしたあの頃。
リリーフカーで彼を出迎えたホッシー。
そしていつしか、2人は肩を組んで…
時が経っても、離れていても、
その絆は、永遠に…そしてこれからもずっと。
なんとも涙腺が緩んでくるシーンでした!

この日、筒香がヒーローになれたのも、
なんだろう、星の導き、だったのかな。
みんなで花火も。
みんなで見つめた、ビクトリーセレブレーション。
夕焼け空に放たれた花火を、
5人でいっしょに、楽しんでいました!

そして、第6戦。
「GET THE FLAG!」シリーズ、最終戦。
ホッシーとも、またしばらく、お別れだなあ…
そんなさびしさも覚える試合開始前、でしたが!
なんでそこに!(笑)
なんでそこにホッシーがいるの!!?(笑)

そう、いつもだったら、
バトチャピがおじゃまするビジターチーム側のベンチに、
なんとも堂々と!
ホッシーが鎮座ましましていたのです!(笑)


やりたい放題でしたが(笑)
笑顔でお相手してくれた菊池選手や田中広輔選手には、
ただただ、感謝ですm(_ _)m

この日も筒香にホームランが飛び出し、
ロペスとのそればりの腕タッチをできたホッシー。
しかしながら昨日は、1対15という、まさに大敗。
家路を急ぐ人も多かった、そんな状況でした。

しかし!
そんな状況下でも、どんな時でも、
いつでも笑顔でファンを励ましてくれていたのが、
ホッシーたちなのです。
それがどんなに先の見えなかった、
暗黒な時代であったとしても。

そして、あの頃のように、
最後は外野で。
9回裏、ハッピーナイン!
最後はライトスタンド前で、
ホッシーが「熱き星たちよ」を、踊り上げてくれました!
たくさんの人たちが、
ホッシーを見られて嬉しい!と、
ツイートしてくれていましたね。

残念ながら、あえなく、
ベイスターズは負けてしまいました。
だけど、それでも、ホッシーは最後、
ヒーローフォトに収まってくれたり、
子供たちの記憶の中に。
抽選で選ばれていた子供たちと、
一緒に記念写真に収まったりしてくれていました!

ホッシーと逢うのが初めて、
という子もいたかもしれません。
この子供たちの記録にも、記憶にも、
スターマンたちといっしょに、ホッシーが残ってくれるといいな、
そんな風に思いながら、その光景を見ていました。

かくして、
「GET THE FLAG!」シリーズは終わり、
ホッシーもまた、妹や弟が待つ、
横浜上空の星空へと、戻っていきます。
ハマスタに一礼。
スターマンといっしょに、
ハマスタに一礼、してくれました。

思えば、ホッシーファミリーが"卒業"した、
2012年3月18日から、約6年3か月。
あの時の悲しみも。
とてもとても悲しい気持ちでいっぱいだった、あの日。
だけどあの日ぼくは、
ホッシーと約束していました。
「さよならは言わないよ、また逢おうね!」と。

そして、その言葉は、
昨年のハマスタレジェンドマッチでかなうことになり、
ホッシーとも笑顔で再会することができました。
そしてさらに、今回の「GET THE FLAG!」。
おにいちゃんだけずるい!と思ってるかも。
もしかしたらホッシーナは、
おにいちゃんだけずるい!
と思っているかもしれませんね。
あたしも来たかったなあ、と。

そんな夢が、
またかなってくれるといいなあ、と思ってます!
ホッシーナやホッシーゾのことも、
もちろん他のみんなとも、また逢える日を願って。

レジェンドマッチを除けば、
こうやって公式戦で、
試合の中に登場してきたホッシーを見たのは初めて!
という人も少なくなかったようです。
特に、DeNAになってからファンになった皆さんにとっては。

そんな人たちからも、
今回、ホッシーを見られて嬉しかった、楽しかった!
そんな声がいっぱい上がっていることが、
あの頃ホッシーたちにいっぱいお世話になった自分としても、
とても嬉しいですし、勝手に誇らしく思っています。
ハイタッチ!
ホッシーとスターマン、最後はハイタッチ!
感謝の気持ちがつながります。
スターマンも、ホッシーといっしょにベイスターズを、
グラウンドで応援できて、きっと嬉しかっただろうな、と。

きっとまたスターマンも、これまで以上に、
キララやバトチャピたちといっしょに、
ベイスターズにいっぱい、力を。
そしてハマスタに来てくれた人たちに、
笑顔を届けてくれることでしょう。

次のハマスタでの開催にあたる、
7月9日のドラゴンズ戦。
ベイスターズの誰かにホームランが出た時、
ホッシーが出てこない光景を見て、
もしかしたら、寂しい思いをしてしまうかもしれません。
本来はその光景が、普通なんですけれど、
やっぱり、嬉しかったですしね、ホッシーが出てきてくれて。

でもまたきっと、
ホッシーに逢える日が来るはずです。
そして、ホッシーナや、ホッシーゾにも、
ほかのみんなにも。
きっとまた逢えると信じて。
この絆は、これからも、
絆は継承されていく。
ずっと継承されて、きっと、広がっていくはずですから。

だから、今回も、さよならは言わないです。
今は笑顔で、また逢えるその日を楽しみに。
そして、

"それでも、どうしても、ひとつだけお願いがあります。
これからも☆ベイスターズを…、そしてスターマンを
どうか…、どうか…、
『大好き♪』でいてください。"


そんなふうに、ホッシーたちが、
あの卒業の夜にお願いしてくれたように、
大好きなスターマンたちと、
これからもベイスターズを応援していきます。

だから、ホッシー。
また横浜の空の上から、兄妹いっしょに、
ベイスターズを応援しててくださいね。

6日間という短い間だったけど、
いっぱいのどきどきを。
そして、ホシあわせを、くれました!
またね!
ありがとう、ホッシー!楽しかったよ!
きっときっと、また、逢いましょうね。
待ってます!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズマスコット | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<横浜市中図書館の「ハマスタ40周年記念展示」に行ってきました。 | ホーム | 待ってたよ、ホッシー。おかえりなさい!>>

コメント

◇一つの文化として定着している日本で野球が根強い人気を保ち続けている理由の一つ目に挙げられるのが、単なるスポーツという枠組みを超えて、一つの文化として定着していることです。https://wbctr.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%A0%B9%E5%BC%B7%E3%81%84%E9%87%8E%E7%90%83%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1/
2018-07-19 Thu 17:51 | URL | へいへいへい [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |