FC2ブログ

Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

【2018/023】横浜DeNA4対2中日「あの頃のように」

さて、
ちょっと遅くなりましたが。
延長の末、逆転!
延長の末に、逆転勝利!
ベイスターズ、ナゴヤドームで連勝です!
連日のヒーロー。
連日のヒーロー、
我らがキャプテン!
見事なまでの勝ち越し2ランホームランでした!


10回表の筒香の打席。
なんとなく、予感を感じた
これ、たぶん、
どなたに言っても信じてもらえないと思うんですが、
なんとなく自分、"予感"していました。
そんな雰囲気を、感じていたんです。
そして!

ドラゴンズブルーも相まって、
青く染まっていたスタンドから、
ベイスターズファンが総立ち!
スタンドに架けてくれた、横浜ブルーの夢の橋。
まったくもってお見事な、主砲の一撃でした。

そして、それ以前に、
またまた、ここで試合が動く
試合が動いたのは8回表。
またしても、ドアラさんバク宙の直後でした!
しかしながらこの時は、
福田に追加点のホームランが出て、
そしてドアラさんもバク宙に成功し、
明らかに流れはドラゴンズに向いていました。

昨日のナゴヤドームは、
3塁側にもドラゴンズファンがいっぱいで!
物凄く盛り上がっていたし、
いつも以上にアウェーな雰囲気を味わっていたんです。
どっしりした、力のある球をぐいぐい。
さらに投手は、
ここまで無失点記録を続けていた鈴木博志。
心折れても、おかしくはないところ…
でしたが!
またも起点は神里。
この日も起点は、神里でした!
四球で出塁すると、
大和も歩いて。
続く大和も歩いて、
ノーアウトで1、2塁!
筒香が外野フライに倒れるものの、
ロペス同点打!
ロペスが鮮やかな、同点打!
ここで試合は振り出しに戻ります。
起死回生の一打でした、ありがとうチャモ!
勝ち越しはならずも。
残念ながら、
勝ち越しはならず。
リクエスト、セーフだと思ったのですが、
ここはまあ、致し方なし。
まあでもリクエストの場面はドキドキしますね(^^)

このすぐ裏に、
チャンスの後はピンチか、
ピンチの後はチャンスか…
ドラゴンズがこの日2度目の無死満塁という、
当方にとっては絶体絶命の危機!
しかしながら、
エスコバーが踏ん張った!
エスコバーが、
三嶋も踏ん張った!
そして三嶋が踏ん張り抜いてくれました!
ドラゴンズとしては痛すぎる場面ではありましたね。
そしてもちろん、
ピッチングもナイス!
大島のホームラン1点に抑えてくれたピッチング、
打撃も好調!
序盤はまさに孤軍奮闘、
2安打を放ってくれたウィーランド。
ゲームを作ってくれた彼のことも、
忘れてはいけないですね!

序盤から中盤にかけての、
ウィーランド、そしてガルシアの投げ合い。
見応えある投手戦でした。
その僅差での争いは、
まるでかつての落合ドラゴンズの頃のナゴドのようでした。
1点が本当に、重かった…
まごうことなくヒーロー。
そんな重い空気を、
一振りで打ち払ってくれた筒香。
まごうことなきヒーローでしたが、
みんなで勝ち取った勝利!
いつも最近出てくる言葉は、
「普通です」以上に、「みんな」という言葉。
昨日も、チームみんなで勝ち取った勝利、と言えるでしょうね。
いつまでも終わる気配のない。
いつまでも終わる気配のなかった、
ベイスターズ二次会。
でもそれだけ、みんな、嬉しかったんでしょうね。
高らかに青い歓喜の声が、
ナゴヤドームに響き渡っていました!

この上げ潮に乗って、
今日も、勝利したいです…が!
さあ、いよいよ
今日の相手は、松坂大輔!
ついに相まみえるときが来ました。
ナゴドのチケットも完売とのこと。
どんな試合になるのか…
今日は、家から見守っておりますよ!

がんばれ、横浜DeNAベイスターズ!
WE PRAY TO WIN.

P.S.
グラウンドdeシネマ、楽しかったです!
二次会終了後、
昨日はナゴヤドームでの「グラウンドdeシネマ」!
あの柳沢慎吾ちゃんも出演の、
ウルトラマンオーブの映画を楽しみました(^^)

ナゴヤドーム、楽しくなってますよ!
ぜひぜひもっともっと皆さん、
この球場に駆け付けてほしいです!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

観戦試合(ベイスターズ一軍) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ザよこはまパレードに行ってきました。/2018.5.3 | ホーム | 【2018/022】横浜DeNA6対1中日「DANCING QUEEN」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |