Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

【ファーム】横浜DeNA3対9東京ヤクルト「明日に架ける虹」

さて、
昨日はファーム、スカスタに行ってきました。
試合自体は残念。
残念ながら試合は完敗。
結果だけ見たならうーん、いまいち…な試合でしたが、
見るべきところも、いっぱいありました!
見て!もう!これ!
何よりもこの特製天丼よ!
昨日は特別にカマスも入って、大盛りで900円!
普通盛りなら800円だから、
今日もしスカスタで売ってるなら、マッハで買うべき!です!(^^)

では本題へ。



先発は熊原でした!
精悍な顔つき。
1回は順調に終わったものの、
審判と確認するプリンス。足が離れちゃった。
2回に松尾―白崎の併殺プレーがうまく成立せず、
一死二塁から立て続けにタイムリーを浴びてしまいます。
3回にもエラーも絡んではいましたが、
一挙に6失点と、かなり残念な結果に。

しかしながら、ベイスターズも、
その3回裏、クリーンなタイムリーこそありませんでしたが、
押し出しで1点返します。
押し出し・エラー・内野ゴロの間と、
1点ずつをしぶとく取っていきました!
そう、点が取れればどんな形でも。
これで3対8。

その後、点は両軍とも入らず、
パッと見ただけでは淡々とした試合運びでしたが、
その間にナイスなプレーも!
ファウルで粘る粘る!
なんといっても、山下幸輝が昨日の"ヒーロー"でした!
4回裏に11球ファールで粘って粘って、
スカスタを盛り上げてくれました!
もぎとった四球。
トータル16球目で四球をもぎとったその姿に、
スタジアム中から拍手が沸き起こっておりました。

さらには5回表、
先頭・原泉をスリーベースで出してしまうというピンチに、
古賀がライトフライ。
犠牲フライになるか、と思った瞬間、
ライトでスタメン出場だった幸輝のレーザービームが一閃、
ランナーの原泉をホームでアウトに!
レーザービーム直後。クールに。
これには再びスタジアムが沸きかえりましたね。
幸輝、ノってました!
本人も手応え、あったかな。
ベンチに帰って一休みの幸輝。
一瞬、笑顔もありました。
手応え、感じたんですかね?
進藤もナイスピッチング!
幸輝のプレーのおかげです!
2イニングを無失点で切り抜けることのできた進藤も、
思わず笑顔で。
谷内のプレーもいいものでした!
飛雄馬や松尾、そしてスワローズの谷内にもナイスプレーが飛び出し、
それぞれに拍手が起こる雰囲気は、
なつかしのケチャップさん時代からの名残もあるかもしれませんね。
こういう雰囲気が好きです!
イメージ的に見てください。
序盤に不安を見せてしまった二遊間も、
終盤にはしっかり併殺を取りました!
ひとつひとつ、成長の場、ですね!
小林もナイスピッチ。
ラスト2イニング、
小林寛もいいピッチングを見せてくれました!
一軍で観たい、この男を。
山崎憲晴の元気そうな姿も。
やっぱり、彼のプレーは一軍で観てみたいですねえ。
残念ではありましたが。
残念ながら敗戦、ではありましたが、
いろんな経験が、彼らを成長させてくれることを、
一段さらに上のステージに押し上げてくれることを、
願ってやみません。

ちなみに、一軍とファームの試合は、
ほぼ同じタイミングで終了。
真っ赤なマツダスタジアムの真っ只中で、
よくやってくれましたね、ベイスターズ!
この調子で、勝利を積み重ねていってほしいです!

個人的にはおそらく、
ファームの試合の観戦はこれが今季最後になるかと思います。
また、みんなに逢えますように。
次に、ファームの試合を観に来た時に、
どの選手にも、また、このグラウンドで逢えますように。
そんな気持ちを持ちながら、スカスタをあとにしました。
にじのふるまち。
試合前には、虹も出ていました!
この虹が、なにかしらの吉兆として、
ベイスターズに降り注ぐことを、願ってやみません。

そして、
この先は、その会場。
次に自分がスカスタに来るのは、
おそらくファンフェスティバルの時。
さあ、どんな空間になるんでしょうね。
楽しみに待ちたいと思います!
みんな、がんばれ!
がんばれ、横浜DeNAベイスターズ!
WE PRAY TO WIN.

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

観戦試合(ベイスターズ二軍) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【2017/129】横浜DeNA4対12広島「From Now」 | ホーム | おすすめランチ!「&9」の青星寮プレート。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |