Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

【2017/126】横浜DeNA1対2x阪神「未来のために」

さて、
昨日は甲子園で現地観戦でした。
この球場は、やはり、美しい。
今日の日曜がナイターという事もあり、
昨日だけ来ました、というベイスターズファンの皆さんとも、
かなりお逢いすることができました。

そんな土曜日の試合。
オールスター以降、実は土曜日に勝っていないという話でしたが…
自分がいられた最後の場面でした。
写真は自分が甲子園にいられた最終段階でのものですが、
最後はサヨナラ負けという結果に…
土曜日のジンクス、破れず、でした。


先発の石田。
初回はちょっと、ヒドかった。
初回はとにかくおぼつかなかった!
先頭の俊介にヒットを打たれてからはあれよで満塁。
そして、せっかくピッチャーゴロに討ち取ったのに、
ファンブルしてしまい先制点を許すという…
ちょっと、この場面はなかったなあ、と。正直イラつきながら観てました、彼を。
エースと呼ばれた男の面目躍如。
しかしながら、
2回以降は先頭打者こそ許すこともあれど、
要所要所をしっかり抑えるピッチング。
見違えるようでした。
戸柱も笑顔でしたね。
6回を1失点、上々の結果だったと思います。
次回へのステップになるといいですね!
三上もナイス!
イニング跨ぎの将軍。
エスコバーを挟んで、ヤスアキもナイス。
救援投手もそれぞれにタイガース打線を抑えこんでくれて、
打撃陣の反撃を待ちたいところ、でしたが…
とにかくもう、昨日は、
ご承知の通り次から次へとクルクルクルクル…
トータルで20三振。

何が嫌だったかって、
近くの席のタイガースファンの人が2ストライクになると、
「ウ~三振!」って独自にやってたんですが、
それがもうみんな次から次へと三振という結果で的中…
そのファンの人、実に楽しそうではありましたけれどね(^^;)
許された視界の中で。
そんな中でも、
ジェット風船膨らむ中、
梶谷が7回に見事にタイムリー!
乙坂もよく走ってくれました。
これでなんとか、反撃を!
という気持ちになったんですけれど、
ご承知の通り、クルクルクルクルと…
球審の嶋田さんの三振時のコールがまたカッコよすぎて、
それも正直つらかったです。嶋田さんは何も悪くないんですが…

そして、延長12回裏。
既に阪神電車で野田あたりまで進んでいたところで、
車両のそこかしこから、
「サヨナラ…」「サヨナラ!」「サヨナラだってー!」
という声が。
1人ベイスターズビジユニで佇んでいた自分には、
なんとも侘しい結果になりました。
(このあたりは実際に観ていないのではしょりますが…)

まあ、もう、ファンも悔しいですけど、
選手達も悔しいでしょうし、なにより20三振という結果も、恥ずかしいでしょうからね。

ジャイアンツが昼間に敗れたがために、
4位とのゲーム差は変わりませんでしたが、
2位タイガースとの差は開くばかり…
「#ハマスタでCSを」の言葉が、遠のくばかりです。
でも、それはそれとして。
頼んだぜ、みんな!
昨日の限りなく悔しさあふれる敗戦が、
近しい未来の勝利に活きることを願いますし、
遠い将来に常勝軍団としてベイスターズが生まれ変わる時に、
この試合がこれからの原点になってくれるのであれば…
昨日の悲しみも癒されるというものです。
この悔しさを糧に、バネに!
自信を持って!
まずは今日、
選手達に、しゃにむに戦ってもらいたいです。
そして、勝利した上で、
さまざまな気運盛り上がる赤の聖地に、堂々と、乗り込んでいきましょう!

最後に、
横浜F・マリノス、齋藤学選手のツイートを引用させていただきます。
勝手ながら。

今のベイスターズにも、通じる話だと思います。
苦しくとも、前を向いて、未来に向かっていきましょう!

がんばれ、濵口遥大!
戦え、横浜DeNAベイスターズ!
WE PRAY TO WIN.

P.S.
来週日曜日に迫ったイベント「横浜に入る悦び11」について、
今ベイスターズファンから事前のアンケートを募集されているようです。
ぜひ、アンケートにご参加してみて下さいね!
「横浜に入る悦び11」事前アンケート

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

観戦試合(ベイスターズ一軍) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「横浜に入る悦び11」、事前アンケート募集中のようです! | ホーム | 【2017/123】横浜DeNA1x対0東京ヤクルト「Anything Goes!」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |