Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

いてもたってもいられないから。どんな時も、レッツゴー・ベイ。

さて。

いまを去ること、もう1ヶ月ほど前の、6月19日(月)。
前日の試合をノーゲームたらしめた雨も上がり、晴れ渡る空の下行なわれた、
横浜DeNAベイスターズ対オリックス・バファローズ戦。
「雨天中止の翌日」で「月曜日」ということもあってか、
最近のハマスタにしては、「珍しく、スタンドがガラガラだった試合」でした。

青とオレンジの椅子の色がはっきりとわかる、
ちょっとした懐かしささえ感じるスタンド。
しかし実際には、ハマスタのキャパの約半分・
14,448人ものお客さんが、ハマスタを埋めていたのです。

記録的に言うと、ハマスタでのベイスターズ主催試合で2万人を割ったのは、
2016年7月13日(水)のドラゴンズ戦(19,933人)以来、約1年ぶりのこと。
それだけでもびっくりですが、さらに、15,000人を割ったのは、
なんと2014年9月11日(木)のスワローズ戦(10,999名)以来、だったようです。

熱心なバファローズファンの姿ももちろんありましたが、
その大半はベイスターズファン。
ファンクラブの特典チケットに必要なポイントがお得だったこと
(=これが当日の大行列の原因のひとつ)や、
故郷・新潟を話題の嵐に巻き込んだ、
飯塚悟史投手のプロ初登板という話題性もありましたね。

あの日だけは、ハマスタですっかり見慣れた「満員御礼」ではなかったですが、
「雨天中止の翌日」かつ「月曜日」という悪条件の中、
ハマスタに本当によく人が集まっていました。
同じような条件の試合であれば、ちょっと前なら、
だいたい6,000人~8,000人ぐらいが関の山、というぐらいでしたのに。

そう、その、「ちょっと前」―


ふと思い出す、ベイスターズが最下位を繰り返していた、
いわゆる「暗黒時代」の頃。
とてつもない弱さ。負けて当たり前。
ファンにも、選手にも、見捨てられても仕方なかったあの頃。

しかし、裏を返せば。
あの頃にハマスタに通い詰めていた人たち、その誰もが、
「みんなファンを辞めても、俺が最後の1人になってやる」と、そう思っていたのです。
そのはずです。

どんなに点差が離れても、不器用でカッコ悪くても、
くちびるには「レッツゴー・ベイ」。
選手を信じ、声をからし。
誰もが、みんなが「俺たちが変える」と思っていたあの頃。

そして時はたち、最近のハマスタ―

ここのところ、カウントを問わず、
ベイスターズの投手に向けて、万雷の拍手が飛ぶことがあります。
札幌ドームでのファイターズの"3ボール拍手"に似ているようで、
ニュアンスが微妙に似て非なるこの拍手。
これは勝負所での、投手への「激励」の拍手、なんですよね。
少しでも、選手の、チームの力になりたい…
心の沸き上がりが、拍手として実体化する。
その情景に、まゆをひそめる相手チームのファンも少なからず、
のようではありますが、
これもまた、「俺たちが変える」、
まさにそんな思いが集まったようなシーンです。

こんなシーンに立ち会うと、信じられないぐらい、
「ベイスターズに、いてもたってもいられない人」が、
今は増えたんだなあ…と、実感します。

最近、ハマスタでよく顔を合わせる人たちにも、
ここ2~3年ぐらいで、ベイスターズのファンになってくれた人たちがかなりいます。

その人たちと話す時、
「昔はね…」「あの頃はね…」と、
昔話みたいな枕詞ばかり使っている自分に気づきます。
まるで常田富士男さんか市原悦子さんになったよう。
まんが関内昔ばなし。誰じゃつんつん娘は
…と続けて書きたくなるけれど、
つんつんどころか、目をらんらんと輝かせて、
そんな話を聞いてくれる人たちもいます。

あの負けて当たり前だった頃を、
「暗黒時代」とさらっと称するのは、とても簡単なこと。
その時代をタネに、ネタにして、
今を素晴らしいと言うのも、実に簡単なこと。
確かに、今は本当に、ありえないぐらいありがたい状況ではありますが。

だけど、決して、暗くて辛い話ばかりじゃなかったこと、
あの頃でなければ味わえなかったこともたくさんあることを、
ちょっとだけ早く
「ベイスターズにいてもたってもいられなくなった」人たちは、知っているのです。

ホッシーファミリー、ブーブにエキベー。
「熱き星たちよ」の曲終わりに空高く飛んでいたdiana。
ハーパーソーダ半額。
左手にグローブ、右手にベイドッグ。
勝利の「熱き星たちよ」ジャズバージョン。
ピンクリボンイベント。
ブーテキ。
試合前の、加地社長との握手。
etc...

このベイスターズを、ハマスタを、大好きだと言ってくれている人たちに、
もっともっと、ベイスターズのいろんなことを、伝えたい。
それがたとえ、昔話だったとしても、
「ベイスターズに、いてもたってもいられなくなった」人たちに、
まだたくさん、知ってほしいことがある。

今を楽しむ、それだけでも十分。
だけど、歩んだ歴史を知れば、
もっときっと、ベイスターズを、好きにならずにいられなくなるから。

人がいっぱいのハマスタで、今度はどんなことを話せるだろうか…
そんな楽しみを携えながら、またこの足は、ハマスタへと向かっていくのです。

「Tomorrow is another day.」
また違う1日が、やってくる。その次の日も。
積み重なったその日々が、
これからも歴史となり、物語になっていくことでしょう。

さあ、今日は、何があるのでしょうか―
また始まるこの1日に、いてもたっても、いられないです。

そして、どんなに辛い時でも、
くちびるには、あの歌を。
"レッツゴー・ベイ 不器用でカッコ悪くても"。

【追記】
非公式アンケート実施中です!
あなたが選ぶ2017年ベイスターズ
前半戦「ナイスゲーム」!アンケートフォーム

7/16(日)まで、ご回答を受け付けております。
ぜひ、ご協力のほど、宜しくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<本日、〆切です!>【非公式アンケート】ベイスターズ前半戦「ナイスゲーム」! | ホーム | 【非公式アンケート】あなたが選ぶ2017年ベイスターズ前半戦「ナイスゲーム」!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |