Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

ブルーライトによせて。想い出の光GENJI、私的ベスト10(後)

さて、
意外にも反響をいただきました、
私的「光GENJIベスト10」。
いよいよ、ベスト3の発表です!
いいお天気に!どうか!
あくまでも個人的なベスト10ではありますので、
皆さまのおめがねにかなわない部分も多々あるとは思いますが(^^;)
リアルタイム世代の皆さんにはぜひ、
少しでも懐かしんでもらえたらなー、と思います!

THIS IS MY 庭。
もしよろしければ、お付き合いくださいm(_ _)m


【3位:Graduation】
今回のブルーライトシリーズ開催にあたり、
いろいろな光GENJIの想い出を思い返してみた時に、
一番最初に思い返すことができたのが、
実はこの「Graduation」だったんです。
この曲は「ガラスの十代」のカップリング…
"B面"の曲だったんですけれど、
リリース時期もちょうど、自分も卒業の年に重なりまして。

また、この頃って、
おニャン子クラブの「じゃあね」だったり、
斉藤由貴さん・菊池桃子さん・A-JARIなど、
同名異曲の「卒業」という曲だったり、
卒業ソングに特に名曲が多い時期だったんですけれど、
この「Graduation」も、まさにその中の1曲。
卒業に際してのいろいろな想い出、記憶の中に、
しっかりとこの曲のメロディーが、自分の中で、息づいているんです。
あの頃の学校の女の子たちの話題、
卒業式の日までもずっと、光GENJIで溢れていたんだよなあ…

【2位:荒野のメガロポリス】
8枚目のシングルにして、
Wikipediaでも語られる、光GENJIの最高傑作との呼び声も高い名曲。
自分もこの曲は大好きです。
それまでの、かーくんの「こんばんはー!」に代表されるような、
底抜けに明るいジャニーズ、王子様ジャニーズ、という感じではなくて、
退廃的な、どことなく破滅的・滅亡感な雰囲気さえ感じさせる曲。
ちょっとRPG感もあるかもしれませんね。

ジャニーズ全体からしてもけっこう異色な雰囲気がありますが、
まだ若い7人の、さわやかさ溢れる歌声、
そして激しいローラースケートでのパフォーマンスが、
この曲に、なんとも言えない、みずみずしい魅力を与えてくれていた…
そんな気がしています。
今もふとした時に、光GENJIの曲である、ということに関わらず、
聴き直してみたくなることがある1曲です。

【1位:STAR LIGHT】
ふりかえって、いろいろと考えてみると、
最終的にはこの曲に行きつく、という結果になりました!
自分の中でですが(^^;)
原点にして、まさに頂点。
この1曲で日本の芸能エンタテインメントを塗り替えた、
と言ってもいい曲だと思っています。
ジャニーズのみならず、日本のエンタメの歴史の中でも、
かなり重要な曲になるのではないかと。

<作詞:飛鳥涼 作曲:チャゲ&飛鳥>という、
この時代でもにわかに信じがたかった"特別感"も凄かった。
ちなみにCHAGE and ASKAとして、
「SAY YES」が大爆発ヒットを果たすのはこの4年後の話です。

今まで(自分の世代では)観たこともないような、
スピード感あふれるローラースケートパフォーマンス。
7人という構成も、この時代では相当な大所帯でした。

なによりも、この曲のエンディング。
7人がぐるりと輪になって、サークルを描き続けるそのシーン。
初めて「夜のヒットスタジオDELUXE」で観た時の衝撃は忘れられません。
ひな壇の出演者からも「おお~!」という感嘆が溢れていましたね。

年長組と年少組という、V6やHey!Say!JUMPなど、
のちのジャニーズにも引き継がれていくメンバー構成も、
この時は実に斬新でした!
また、1987年夏。
少年隊がちょうど、あまり踊らないバラード・「君だけに」をヒットさせていた、
そんな時期であったことも大きかったかもしれませんね。
「踊らない」ことで、指を鳴らすことで、
楽曲の良さも相まって、逆に世間を夢中にさせていた少年隊。
さらにはフッくんが怪我をして、弦のないギターを弾いていた時期(これは書きたかっただけ)。
その間隙をぬって、
ローラースケートでハイスピードに飛び出してきた7人組!
あの時の、「観たこともなかったものを観た」衝撃感は、
のちのジャニーズのどのグループにもなかった驚きでしたね。
うん、やっぱりこの曲が、いろんな想い出も重なって、1位です!

そんなわけで、好き勝手にいろいろと書いてきましたが、
私的「光GENJIベスト10」、お付き合いいただきありがとうございます!
可能であれば「勇気100%」や「奇跡の女神」、
「君とすばやくSlowly」なども取り上げたかったところでしたが(^^;)
それはまたいつか機会があれば、ということで。

とにもかくにも、
今日、お天気が心配なんですけれど、
どうかもってくれたら、と思います!
かーくん!楽しみです!
どんなスターライトが、
横浜スタジアムを照らしてくれるのか。
楽しみにしていたいと思います!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【2017/045】横浜DeNA13対5中日「STAR LIGHT」 | ホーム | 【2017/044】横浜DeNA2対4中日「青いイナズマ」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |