Ex-BAYSTARS

横浜DeNAベイスターズのすべてをまるまる応援!ちょっと変わった応援ブログです。他球団エンタメも応援してます。

三浦大輔クリスマスパーティー<昼の部>に行ってきました。/2016.12.17(前)

さて、昨日は!
行ってきました!
行ってきました、
我らが永遠番長・三浦大輔氏のクリスマスパーティー、
BNC X’masパーティー2016!
※<昼の部>のパーティーとなります。
こちらが会場でした。
横浜駅西口の「ホテル横浜キャメロットジャパン」
こちらが<昼の部>の会場でした。

その模様を、本当に、ちょっとだけですが!
レポートしたいと思います。
※残念ながら、会場でのお写真はNGでしたので、
ほぼほぼ、内容は、テキストになります。


会場の宴会場「ジュビリー」に、
受付時間開始前の9時40分頃に到着。
番長ユニの人もたくさん!
リーゼントで決められた方などもいらしたり、
待機場所からして、既ににぎやかでありました。

そして、受付開始の10時。
身分証明書で本人確認を終えると、
「受付が終わったら、写真撮影があります」
との、係の方からのお言葉。

なんだろう、全員のお写真を、
結婚式の二次会みたいにチェキで撮ったりするのかな?
と思いつつ会場に入ったら、
なんとそこには、いきなり番長のお姿が!

入口の延長線上にあるステージに、
既に番長がスタンバイしてくれていて。
なんと、早々に、番長のお出迎えで、
1グループごとに写真撮影、というお時間がとられていたのです!

受付を最初の方に済ませた人達は、
特に並ばずともすぐに番長とのふれあいタイム。
自分も、もちろん、撮らせていただきました!
ご参考に。
グループでなく、1人での参加の場合は、
こういったツーショット写真になりました(^^)
※ここだけは、手持ちのカメラやスマホで写真撮影OKでした。

この後、番長から手厚く握手をしていただき、
いきなりのテンションUP、という状態でした。

そしてもう1つ!
テンションが上がる出来事が。
会場に聞こえてきた、耳慣れたお声。
そう、なんと、このパーティーを取り仕切るMC役に、
昨年までのベイスターズスタジアムDJ、南隼人さんが!
番長との記念撮影の列を取り仕切る南さんの姿に、
「あー!南さんだ!」と、
お客さんの声が会場に入るたびに聞こえてきたり!
これもまた、嬉しいサプライズでした。

そう、多くの方にとっては、
南さんの登場、そして対面は、
昨シーズン以来のこと、だったんですよね。

さらにもう一つ!
今回のパーティーの音響は、DJ TAIJIさんが担当。
そう、昨年まで12年間の長きにわたって、
ハマスタの"音"を支えてくれていたTAIJIさんもまた、
このパーティーに参加してくださっていました。
そう、ハマスタの球場エンタメファンからすれば、
これ以上ないお2人が揃って!
それだけでテンションはもう、上がりっぱなしだったのです。

そして、番長との記念撮影を終えた皆さんの表情を見ていると、
やっぱり皆さん、笑顔でいっぱいでしたね。
たくさんの人をこうやって笑顔にできる番長、
やっぱり、大スター、なんですよね。

約300人のお客さんみんな!との記念撮影を終わってから、
クリスマスパーティーが始まることに。
若干、開宴時間が遅れたのですが、
それもまた、番長の丁寧で真摯なファンサービス精神ゆえ、ですね。
納得の、遅延でした(^^)

いったん、番長が会場からはけるのですが、
その際に、
「次に出てくる時は、『今、初めてオレに逢った』みたいな感じにしといて!」
みたいな、そんなお話もありつつ(^^;)
前述のように、みんなを笑顔にしてくれる、大スターな番長ですけれど、
このあたりの"近さ"、"親しみやすさ"もまた、番長ならではです。
"最もファンに近い場所にいるエース"だと思うんですよね。今でも。

南さんから、
「始まる前に、同じテーブルの人とぜひ、
仲良くなっておいてくださいね!」
という話もあり、
早速、同じテーブルの皆さんといろいろお話したり。

老若男女…というとそこまで年齢は離れていないかもですが、
それぞれにやっぱり違うところからいらしたりで。
ほぼ、初対面の方が並んだテーブルでしたが、
しかし、やっぱり、ほとんどの人がベイスターズファン、
そして番長ファン、ということもあり、すぐに話は弾みました。
9/29の引退登板をきっかけにベイファンになった、
という方もいらしたり!
一方的に自分のことを知っていただいている方も幾人かいらして、
恐縮、の一言でした(^^;)

また、テーブルが全部で32卓あったのですが、
その割り振りも、アルファベットのA~Vまでの22文字と、
番長の背番号「18」「46」、
そして「ヨ」「ロ」「シ」「ク」「三」「浦」「大」「輔」、
というテーブルで割り振られているなど、
独特の雰囲気がありました(^^)

なお、自分が座ったのが「三―6」
という席だったんですが(特定できる人はこれでできますね)、
「3×6=18!」ということで、勝手に運命を感じて、
1人、悦に入っておりました(^^;)

そして、いよいよクリスマスパーティー開始!
もちろん「リーゼントブルース」がかかる中、
南さんの「ハマの番長!みうらー、だいすけぇーっ!」のコールとともに、
あらためてついに!
番長が、会場に今日初めて(じゃないけど)、降臨なされました!。

「リーゼントブルース」にのって、
会場中をハイタッチして回る番長、
一度で会場を一回りしたはずでしたが、
「まだまだ!」と南さんに促されて、もう1周(^^;)
たくさんのファンとハイタッチをしてくれたり、
笑顔を振りまいてくれたり、でした(^^)

<昼の部>は基本的にノンアルコール、でしたが、
一部、お酒っぽいのもありましたっけ?どうだったろう?
ソフトドリンクで展開される、アットホームな雰囲気の中、
もちろん乾杯の音頭も、番長が!
「皆さんのご健勝、ご健康、そして幸せを祈って、乾杯!」
その番長の言葉で、いよいよクリスマスパーティー、スタートとなりました。

まずは番長と南さんとのトークでスタート。
次々にお食事もテーブルに運ばれてきて、
いよいよパーティー、という雰囲気に。
お食事もおいしかったです!

やはり最初に話をされたのは、
9/29の引退登板の話。
その前に9/22に雨天中止になってしまって、
たくさんの人がチケットの購入に並んでくれたことへの感謝、
そしてその際にアナウンスをした時の話などが進んでいきました。

それから、最近の番長のご活躍について。
やはり、テレビで番長の姿を観ることが多くなっていますが、
現役を退いてからも番長、かなり忙しいようで。

番長ブログを見てみてもわかるように、
実はこのクリスマスパーティーの前日は、京都へ。
そしてその前は、テレビ東京「ゴルフの真髄」という番組の収録で、
1泊2日の強行軍でグアムに!
その前も千葉などでゴルフに行ったりと、いろいろと忙しい…
と、「ゴルフばっかりじゃないですか!」と南さんからもツッコミが(^^;)
しかしそれにしてもやはり、多忙な毎日を過ごされている番長です。
また、自分主催のチャリティーゴルフ大会で優勝した話とか、
南さんの近況のお話にもなったり、でしたね。

そして話は、これまでの経歴の話に。
9/29のラスト登板の日に、
ハマスタ周辺に、番長の若かりし頃から最近の姿まで、
年毎に映されていた"のぼり"があったかと思います。
今回はステージにそれらが、2年毎に飾られておりました。
(番長、それらののぼりをもらっていたそうです^^)

その"のぼり"を観ながらの話が展開したのですが、
入団当時は78kgだった体重が、次第に増えて90kgぐらいになり、
奈良の実家に置いてあった服がみんな入らなくなった話とか、
実は番長がリーゼントをカットして、金髪になっていた!
という時期がある話も(1999年オフあたりの話だそうです)。
これを知っている長年のファンの方もいらっしゃいましたね。

そうやってパーティーは、
番長のお話を聞きながら進んで行ったわけですが、
逆に番長の話にお客さんが耳を傾けるあまり、
食事が進まないとかいう場面も(^^;)
なので、
「三浦大輔に、皆さんが食べているところを見られる時間」と称して、
番長が、会場のいろいろなところを移動しながら、
南さんとトークをあらためて、進めてくれました。
これでお客さんもどんどん食を進めつつ、という(^^;)

テーブルを回りながらの話は、
お客さん皆さんが、どこから来ましたか?という話に。
「北海道?」「沖縄?」というあたりは、意外にもいらっしゃらず。
逆にお客さんにどこから?と聞いてみると、なんと!
一番最初に手を挙げた方が、
「メキシコから!」
という、驚きの回答!
これには番長もびっくりでした。
番長ブログの該当記事
「北は栃木から、南はメキシコまで」
というのは、冗談でもなんでもなかったのです(^^;)

その方は昨年まで横浜に住まれていた方で、
番長パーティーを含めて、さまざまな用事のために一時帰国された、と。
しかしながらいきなりの「メキシコ」という一段上をゆくお答えに、
サプライズの空気が、会場を包んでいましたね(^^)

その他、遠方から来られた方も数多く、
番長が昔「黒潮リーグ」(懐かしい!)に出ていたという四国からは、
徳島から来られた方が。
また兵庫から来てくれた男の子は、
「番長のどこが好き?」という南さんの問いかけに、
「顔が好き」と答えてくれたり(^^)
そして番長の地元・奈良からのお客さんもいらして、
ちょっと奈良のローカルトークに進んで行ったりとか。
北は意外にも北海道・東北の方がいらっしゃらず、
群馬や栃木の方が北限、という感じでしたね。

そうやって、いろいろと会場を回りながら、
トークを進めてくれた番長。
本当に自分の間近でしゃべってくれたりとか、
お客さんに近いところに、常にいてくれましたね。番長。

そして、これが<昼の部>のメインとも言える!
番長への質問コーナーに、パーティーは移っていきます。
なんと、番長が32の各テーブルを1つずつ回って、
1テーブルから1つ、質問を受け付けます!という。
しかも、タブーは基本なし!
今までメディアなどで何度か話した話でも構いませんよ、
という、かなり自由度の高い空間でした(^^)
あ、南さんから、
「なぜ自分(南さん)とTAIJIさんが今年いなかったのか?」
それは今回は聞かないで!という話は、
パーティーが始まる前にありましたが(^^;)

そうして始まった質問コーナー。
「シャンプーは何を使っているんですか?」という質問が前半にあったのですが、
ここで番長が、しきりに「マネージャーは?」と、
マネージャーの方の姿を探されていました。
これは、なんだろう、なにかあるんでしょうか?(^^)

さらに質問はいろいろと続いていったのですが、
中には、
「おねえちゃんがきょう、たんじょうびだから、うたって!」
という女の子からのリクエストも!
これに応えて番長、「ハッピーバーステー」を歌ってくれました(^^)

「抑えにくかった他球団の選手は?」
という問いには即座に「これはもう、中日の荒木(雅博)です」と、
瞬く間に回答。
よっぽど対戦相手として、相性悪かったんですね(^^;)

また、「今までで一番投げやすかったキャッチャーは?」
これには、「ブルペンキャッチャーの片平(保彦)さん!」と、
これまた即座に応えてくれましたね。
片平さんが恐らく、自分の球を一番受けてくれた人だろう、と。
感謝の気持ちを伝えてくれていましたね。
※補足で。こんな記事も過去にありました。

またその中で、
番長が新婚旅行に行った時のエピソードも。
なんと旅行先のホテルで、結婚指輪を忘れてしまったそうで!
その指輪は半年後にご自身のところに戻ってきたそうなんですが、
奥さまからは怒られるよりも、大笑いされたそうです(^^;)

「一番仲のいい選手は?」という質問には、
今の選手たちは年齢が離れすぎていて…と言いつつも、
筒香はかなりよく絡んできてくれたそうです。

また、
ブログ記事にあった『忘れ物』って、長浦に何を忘れたんですか?」
という、なかなかマニアックな質問も。
これには「想い出を忘れてきた…」とカッコいいボケをしつつも、
「上着を忘れたんです」としっかり答えてくれた番長。

かようにさまざまな質問もあり、
「ハマスタで好きな景色は?」という問いかけには、
「スタンドの階段を上った、一番上の方からの景色も好き」としつつも、
やっぱり「マウンドから見える景色が、一番好きですね!」と。

「横浜の街をどんな風に走っていたんですか?」という質問には、
ハマスタ⇒NHK横浜放送局⇒山下公園、
その後が大さん橋だったり、象の鼻パークに行ったり。
そして横浜公園の噴水を回って、ハマスタに戻ってくる…
というルートも教えてくれました。
昔はハマスタの中を走られていたのですが、中に飽きて(^^;)、
外に出るようになったそうです。
また遠征先ではよく城の写真を撮っていたので、
"城マニア"と呼ばれることもあった、と(^^)

競馬についての質問もあったのですが、
ちょうど昨日、リーゼントロックが中山で、
14時50分ぐらいに走ります!という話も番長からありました。
そのリーゼントロック、

昨日は見事に1着でゴールイン!
素晴らしい結果に、番長も大喜びだったのではないでしょうか。

また、番長の「最後の1球」についての話も。
これは、雄平選手のトークショーで、
番長から「もっとうまくやれよ」と言われたという話があり、
これは本当に言ったんですか?という真偽の質問があってのことだったのですが。
※この情報のソースと思われる該当のツイートがありますが、
個人の方のツイートなので、ここではリンクはしないでおきます。
「番長 雄平 ミズノ」などで検索すると見つけられると思います。


2球目を雄平選手が空振りした時に、
これは次、どんな球でもきっと振ってくるだろう、
つまり、次に投げる球が、最後の球に、なるんだろう…
という気持ちが湧いてきたそうで。
そこで気持ちが、グッとこみ上げてきたそうです。
そして、かなり高めの球を雄平選手が空振りした、と。

実際にはその最後の1球の時ではなく、
ミズノの集まり、かで雄平選手に逢った時に、
確かに「もっとうまくやれよ」と言ったそうです(^^)
もちろん、ジョークレベルの話、ではあるでしょうね(^^;)

まだまだ質問タイムは続いていきます。
お子さんから「野球がうまくなるには?」という問いかけがあり、
いつも番長が言う「練習は大っ嫌い」、という言葉がやはりありつつも、
「でも、うまくなるには、練習をやるしかないんだよ。それも、集中して」
と、アドバイス。
やはりここに、番長が長く現役を続けてこられた秘訣があるようですね。
この質問コーナーとは別の時に出た話ですが、
「メリハリは大事」とも。
遊ぶときは遊ぶ、でも、やる時はやる!と。
練習もダラダラ2時間やるなら、集中して1時間の方がよっぽどいい、と。
いろいろなメッセージを、伝えてくれましたね。

「体育以外で好きな教科はありましたか?」
という質問には「体育以外でかー!」と、いきなり縛りを効かされた番長(^^;)
しかし「図工や…家庭科!」という、ちょっと意外な答えも。
家庭科は、学校でご飯を食べられるのが好きだったそうです。
5教科のうちでは、理科が好きだった…のだとか!?

またなかなか凄い質問としては、
「ハニートラップにかかったことはありますか?」
というものも。
それは一切なかったそうですが、
実は「優勝の時に、フライデーされた」経験があるそうで!
膝に女性をのせて熱唱する姿を、「FRIDAY」に掲載されてしまったそうです(^^;)

ちなみにハニートラップとは関係ないですが、
先日お逢いした綾瀬はるかさんはすごくかわいいと思ったそうです。

「番長が引退するまで結婚しない、と周囲に言っていたので、
急に引退されて困っている。なにしてくれてるんですか!」

というクレーム(笑)もあったり。
「昌さんぐらい(現役を長く)やってくれると思ってた!」と言われて、
「あれは昌さんが特殊なんです」とも(^^;)

「ハマスタ以外に、想い出の球場は?」という質問には、
・北九州(初勝利)
・ナゴヤドーム(投げやすかった)
・甲子園(子供の頃から通っていた。タイガースファンだった)
という3球場が、この時はするすると番長の口から。
特に、甲子園の歓声をため息に変える瞬間が好きだったそうです。

さらに「2009年以降のユニフォームで、好きなユニフォームは?」
という質問も。
2009年とは、それまでの青のタテジマから、
首に「Y」の模様が入ったユニフォームに変わった時期ですが、
番長があげていたのは、
「サマーバージョンの、シンプルに"β"だけ入ったユニフォーム」。
2010年~2011年のサマーユニか、
それとも琢朗さんが2000本を達成した頃の、
2006年頃の交流戦ユニか、でしょうか。
特定はできなかったんですが、ちょっと興味深いです。
また、150勝時の真っ黒ズボンも印象に残っているそうで!

そして、あるお子さんからは、すごい質問が!
「本当に、ヅラじゃないのか、触らせてください」
と!
これには番長もタジタジに(^^;)
その子に実際にリーゼントを触らせてあげて、
南さんが「どうだった?」と聞いてみると、その子は、
「たぶん…ヅラじゃない」
と(^^;)
「たぶん」ってなによ、「たぶん」って(^^;)

と、まあ、そんな形で、
都合32テーブルで、それ以上の数の質問があったのかな、と。
中には番長に、就職で悩んでいることがある、という相談もあったりで。
そういった問いかけにも、
「人の言葉に惑わされずに、自分で決めるのがいい」
など、背中を押すように、真摯に応えてくれたり。

さまざまな質問が、番長へと寄せられていっていましたね。
それらに楽しみながら、時には真剣に答えてくれた番長。
ごく一部の質問でしたが、抜粋して書かせていただきました。

あ、ちなみに、
番長が使われているシャンプーは、
アンファー、だそうです。
そう、アンファー。覚えておきましょう(笑)

楽しい時間もあっという間に過ぎていき、
パーティーは早くも後半戦へと。
いよいよ、番長グッズの、抽選会へ突入します!

というところで、
とりあえずなのですが、今回はここまでとさせていただきます!
次回は後編、
番長グッズの抽選会の模様?と、
その後のもろもろについて、
またちょっとだけですが、レポートさせていただきます。

よろしければ、またテキストばかりになりますが、
お付き合いいただけたら、幸いです!

【追記】
非公式アンケート/
2016年ベイスターズ新語・流行語大賞

12月20日(火)まで、回答受付中です!
ぜひぜひ、ご参加ください!m(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

イベントレポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<三浦大輔クリスマスパーティー<昼の部>に行ってきました。/2016.12.17(後) | ホーム | 野球殿堂博物館「野球報道写真展2016」に行ってきました。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |